D材

フルーチェ百姓日誌

チェンソーで製材した板の耳の部分を壁に貼って一部ログハウス風にするために製材することにしました
両側の耳をリップソーで落とすと、横から見ると英文字のDに見えるため、D材と呼ぶことにしました

製材した最後に残った耳の部分の皮を剥ぎ、電動反りかんなでかんな掛けしていきます

かんなを掛けると虫がはった跡など出てきますが深くかんなを掛けると目立たなくなります

かんなを掛けるとこんな感じになります

リップソーで両耳を落としていきます

もう一方の耳を落とせばⅮ材の完完成です

コメント

タイトルとURLをコピーしました