電熱線張り

beautiful blooming pink flowers on branchフルーチェ百姓日誌

先日、トマト農家さんがトマトの苗を作るために育苗床を作りました
育苗床にトマトの苗の生育温度を管理するための電熱線張りのお手伝いをしました

まず、育苗床に張る電熱線が断線していないか確認します

断線していないことを確認したら、育苗床に張っていきます
育苗床の両端は外気温の影響を受けやすく温度が下がりやすいので内側よりも電熱線を多めに張ります

電熱線を張ったら乾燥しないように上からビニールを張りました

電熱線の準備が出来たら電線を温度管理できるサーモスタットに繋ぎます

サーモスタットに電気を入れたらセルトレーに土を入れ、水をかけます
これは土の温度を確認するもので、水をかけるのは土が乾燥しているを温度が伝わりにくく
正確な温度が確認できないためです。絶えず土が湿っていることが大切だそうです

次にトマトの種をまくための準備として育苗土を電熱線の上に乗せ保温するためビニールを張りました
ビニールは3種類使ってしっかりと覆いました。

これでトマトの播種の準備ができました

コメント

タイトルとURLをコピーしました