郵便受け

フルーチェ百姓日誌

郵便受けの作成をしました

チェンソー製材した板を片耳を取り、手押しかんなで直角を出します

かんな盤で平らにします

バンドソーで薄くします

これらの作業を繰り返しかんな盤で板の厚さを揃えます

スライド丸鋸で寸法に合わせ切っていきます

仮組をしてビスケットを入れる位置に印を付けます

ビスケットジョイナーで溝を掘っていきます

受け口の開閉扉を自由に開閉させるためダボ穴を一回り大きいサイズのドリルで穴を開けます

外に置くため、塗装は焼き杉加工にします

接着剤をを付けビスケットを入れ貼り合わせていきます

クランプで締め付けて乾燥させます

コメント

タイトルとURLをコピーしました