育苗床づくり2

selective focus photography of a red roseフルーチェ百姓日誌

先日育苗床を作るために枠の準備をしました
竹杭を目印に合わせ打ち込み、枠にする板を並べました

並べてあった枠を立てていきます
竹杭に沿って立てスコップでいたが倒れないように土を寄せます

板を立て終わったら、今度は耕うん機で枠の外側に土寄せので要領で土をかきだしていきます

耕うん機で土をかきだした後に両端の枠になる部分の板を立てます
立てたら竹杭を打ち込み、土で寄せます

今度は枠の外側部分を足で踏み固めていきます

踏み固めたら内側部分を均していきます
最初はざっと均して、そのあと木のトンボで仕上げます

そのあと枠の内側に水をかけていきます。
水をかける理由はこの後電熱線を張りますが電熱線は水を張らないと温度が苗床に伝わりにくいためだそうです

たっぷり水をかけました

コメント

タイトルとURLをコピーしました