緑肥のすき込み

フルーチェ百姓日誌

先日有機栽培をするためにクロタラリアとセスバニアを刈り込みました

刈込みをしたところに米ぬかとお茶の葉で作ったたい肥を撒きました

米ぬかは土壌細菌の餌です。お茶の葉で作ったたい肥は土壌細菌の住みかとなります
撒いたら、管理機ですき込みます

すき込む理由は刈り込んだ緑肥を土になじませ
土壌細菌の力で分解してもらい、今後植える作物の栄養にするためです

この管理機ですき込みます

この状態でしばらく土壌細菌の力を借りて緑肥の分解を促します

コメント

タイトルとURLをコピーしました