籾殻撒き

フルーチェ百姓日誌

今日はアスパラ畑の畝の間の通路に籾殻を撒きました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通路に籾殻をまいた理由は通路は当然歩くため
土壌が固く閉まってしまいます
閉まると植物の根は伸びていくことが困難になります
その対策としては通路を耕す「中耕」という作業があります
中耕をすると固くなった土壌を柔らかくするので
根も伸びやすくなります
有機栽培の場合はなるたけ土壌微生物の活躍で
作物を育てるので土壌微生物を育てる環境を整えます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

籾殻は直接、作物の肥料にはなりません
作物の肥料は「窒素・リン酸・カリ」などが有名です
籾殻は微生物によって有機物を無機物に分解され
初めて植物の肥料となります
そのためには微生物の餌が必要ですが
それが籾殻なのです。
籾殻をまくことによって通路が閉まっていくのを
微生物の力を借りてなるたけ閉まらなくするのと同時に
有機物を無機物に分解し、植物の肥料にしていくのです
しかし、分解するには非常に時間がかかります
籾殻を植物の肥料となるように分解するのは
半年から一年かかるようです
それまでは作物の肥料にはなりませんから
今植えている作物の肥料にはならないかもしれないので
なかなか肥料を入れるタイミングが難しくなりますね
その辺が有機栽培をすることが難しい所以かもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました