登り窯

フルーチェ百姓日誌

笠間市にある製陶ふくださんの登り窯を見せていただきました

製陶福田さんの玄関には世界一大きい花瓶立てが飾ってあります

この花瓶立てを焼くために陶器の周りに一回ずつ釜を囲み焼いて壊して制作するそうです

花瓶の周りに一つづレンガを積み上げていく作業をして花瓶が焼かれ、取り出しもレンガを崩さなければいけないので大変な労力が必要です

登り窯を見せていただきました

登り窯は複数の窯が階段状に連なった形をしています。 それぞれの窯には横口と呼ばれる薪を投げ入れる小窓があり、上段の窯とは底部の格子状の窓でつながっています。 下の段で焚いた温度が次の窯へ伝わり効率よく焼成ができる仕組みです。

各段ごとに色見孔という焼成中の窯内状態を知るための色見を取り出す孔がついています。

煙突はこのような形をしていました
いろいろ勉強になりました
ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました