椅子の座板づくり

white rabbit in brown wooden boxフルーチェ百姓日誌

椅子の座板を作りました

あらかじめ座板の寸法に合わせて切った4枚の板を貼り合わせ、座板として使用します

まず、後ろ脚部分を切るためサイズを測ります
寸法は決まっていますが、手づくりのためサンダーで磨いてあったり、組み立てで調整しているために微妙にサイズが違ったりするため一つ一つ測りながら切っていきます

サイズを測り、糸鋸で切っていきます
切ったものはさらにノミを使って椅子に合うようにきざんできます

次は座板の側面を切っていきます。側面は少しふくらみを持たすために斜めにカットするために「フリーアングマルチ」という丸ノコガイド定規を使って切っていきます
使い方は、印に定規をぴったりあわせ、その角度で固定します
固定したらそのまま丸鋸で切る幅まで移動します
移動してずれないようにしっかり押さえて丸鋸で切ればきれいに切ることが出来ます
反対側も同様に切れば座板の側面が出来上がります

次は座板前部分の角を糸鋸で丸みをつけていきます

次はルーターを使って面取りしていきます

面取りしたら後ろ脚の背もたらの角度に合わせノミを使ってきざんでいきます

後は240番のサンダーを使って磨いていきます

このように一枚一枚手づくりで森林から切り出せれた木で座板を作っていきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました