根切り虫

フルーチェ百姓日誌

サツマイモの苗が「根切り虫」という害虫の被害にあいました
カブラヤガ、タマナヤガなど茎を食害するヤガ類(夜蛾)の幼虫の総称で、一見すると根を切られたように見えるため「ネキリムシ(根切り虫)」と呼ばれます。
体長40mmほどのイモムシ状の幼虫で、夜行性で昼間は土に潜っています。苗が地ぎわで噛み切られて横倒しになったり、切られた葉などが土の中に引きずり込まれたりします。
雑食性で近くにエサになる植物があればそれを食べます。発芽したばかりの苗や植え付け直後の苗が食害されるのは、他にエサがないから。雑草のないキレイな畑は被害がでやすくなります。

サツマイモの苗は無農薬で育てています
黒マルチを張って畝肩には大豆を栽培していますが被害にあいました
せっかく育てた苗が一夜ししてバッサリ食べられると非常に悲しいです
生命力に高い苗はご覧のように小さい芽が出てきます
生命力の強さを感じます

コメント

タイトルとURLをコピーしました