木工7

フルーチェ百姓日誌

森林を整備をしてそこから搬出される木材をチェンソーで製材し、板にしたものを木工品に加工しています
先日チェンソーミルで板にしたものを電動丸鋸で耳を切りました

墨つぼで板に墨付けをして丸鋸で切っていきます

両側の耳を切れば市販されている板と変わりなくなりました

今回は椅子の座板にするためにある程度の寸法で切ってきます

それを両面、座板の厚さの寸法になるまでかんな盤でかんな掛けをしていきます

板の角を直角にしていきます

この板を座板として利用していきます

先日サンダーで磨いた名刺入れもオイルフィニッシュで仕上がりました

コメント

タイトルとURLをコピーしました