木工66(Totty’s)

totty's

森林を整備してそこから搬出される木材をチェンソーで製材し木材を木工品に加工しています
テーブルの脚を天板に取り付ける作業をしました

オイルフィニッシュを済ませ、乾燥させた天板です

天板に、先日鉄工所で作っていただいた脚をのせてみます

脚を付ける位置を決め、ボルトの穴の位置に印をします

ボルトの穴を開ける前にボルトの長さに穴を合わせるために木工ドリルにそこまでしか穴の深さが行かないように調節のテープをまき、ジョイントメートという真っすぐに穴を開ける道具を使って、試しに穴を開けて確認します

天板につけた印にジョイントメートを合わせ、穴を開けていきます

穴を開けてら、鬼目ナットに接着剤を塗り、埋め込んでいきます
鬼目ナットとは、木材やプラスチックなどのような素材が柔らかいものや、割れやすい材質のものを固定するために使用されるものです。

鬼目ナットが入りました

脚をボルトでとめ組み立てていきます

反対側も同様の作業をしてテーブルが完成しました

椅子と組み合わせるとこんな感じです

コメント

タイトルとURLをコピーしました