日本茶

フルーチェ百姓日誌
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お茶農家さんで研修することになりました
お茶のことは何もわかりません
まずは、日本茶の種類を紹介します
日本で生産されるお茶は、ほとんどが緑茶です。
製法は、ほぼ蒸し製法で、九州の一部では地元消費のため釜炒り緑茶(玉緑茶など)が存在します。
茶種別生産量でみると、普通煎茶が3分の2を占めています。
日本茶といえば一般的に『煎茶』が知られていますが、
他にもいろいろなお茶の種類(製法、加工法の違い)があります。
「煎茶」は新芽を蒸した後、揉みながら乾燥させます。
さわやかな香りと、うま味・渋味が調和しています。
カフェインやタンニン(カテキン)の含有率が高く、
特にビタミンCは豊富です。
お茶と言えば一般的にこの「煎茶」のことを指します。
「深蒸し茶」は普通の煎茶よりも蒸す時間を2~3倍ほど長くします。
特徴は煎茶に比べ渋味が抑えられ甘みがあります。
カルキ臭などにも強く、水の良し悪しにこだわる必要がありません。ただし普通煎茶に比べると香りは弱めです。
浸出液は濃い緑色で、水道水でもおいしく飲めます。
掛川の深蒸し茶は特に有名です。
「玉露」は新芽に覆いをかけ直射日光を避けて育て、
煎茶と同じ工程で仕上げます。
玉露は特にうまみの素となるアミノ酸の含有量が多く、
逆に渋みの素となるタンニン(カテキン)などが少ないため、
まろやかで濃厚な甘みがあります。福岡県八女産の玉露が特に有名です。
「粉茶」は玉露や煎茶を製造する仕上げ加工工程で、
細かくなった茶葉だけを集めます。
特徴は、茶葉の成分が溶け出しやすく、
鮮やかな色合いで味の濃いお茶です。
熱い湯で短い抽出時間で手早く淹れることができます。
「茎茶」は煎茶や玉露の仕上げ過程で、茎や茶軸を選別します。
煎茶とは風味が異なり、香りは若々しく、爽やかな味わいが特徴です。
茎茶は葉茶と違い、一度注ぐと二煎目から香味が薄くなります。
番茶は、「番外茶」からきているといわれており、
大きく4種類に分類されます。
茶葉の摘採期や品質、地域などによって、さまざまな意味の番茶があります。
「玄米茶」は玄米を炊いて炒り、ほぼ同じ量の番茶や煎茶をブレンドします。
特徴は、緑茶の風味と炒り米独特の香ばしさがあり、
薄めでさっぱりとした口あたりです。
玄米茶はカフェインが少なく、
お子様やお年寄りの方にもお勧めのお茶です。
「ほうじ茶」は煎茶、番茶、茎茶などをキツネ色になるまで強火で炒って(ほうじて)、香ばしさを引き出したお茶のことです。
炒る(ほうじる)ことによってカフェインが昇華(固体から気体に直接変化する現象)して、香ばしさとすっきりとした軽い味わいが楽しめます。
「抹茶」は日光を避けて育てた新芽を、蒸した後揉まずに乾燥させ、葉脈を取り除いて石臼で挽き粉にします。
抹茶は茶道には欠かせないお茶です。
まろやかな甘味が特徴で、渋みはほとんど感じさせません。
葉そのものを飲むので香りも味わいも格段に深く、
お茶に含まれる健康な成分も無駄なく口にすることが出来ます。
「濃茶」と「薄茶」があります。
「粉末茶」は仕上げ加工後の茶を粉末状(パウダー)にします
特徴は、茶葉をそのまま粉にしているので、カテキン・ビタミンC・E、食物繊維などの有効成分すべてを摂ることができます。
回転寿司のテーブルによく置いてあるのはこのお茶です。
従来の急須で煎じて飲むお茶とは飲み方が異なるため、
味や香りには大きな違いがあります。
「有機栽培茶」は化学合成農薬や化学合成肥料、除草剤などを一切使用せずに育てた茶葉を、煎茶と同じ工程で仕上げます。
たくさんの種類の日本茶があります
今後、もう少し詳しく紹介します

コメント

タイトルとURLをコピーしました