天空すいか

フルーチェ百姓日誌

ナスの栽培栽培にはV支柱というもので栽培しています
畑の両端の支柱が余るため、空間の有効利用と
ナスの風よけのためにすいかを植えました

まず、すいかができた時に重みでネットが垂れ下がるのを防止するため
支柱の中間部アルミパイプで補強します
それから上下にきゅうりネットをつけていきます

一般的にスイカは地這いさせて栽培します
ナスの実は風に揺れて何かにあたると傷になってしまうため
畑の周りに風よけをします
風よけはしますが、あまり風が入らないと風通しが悪くなり
病気になりやすくなります
今回は両端の余っている支柱でツル性植物で風よけをしながら
栽培もしようという試みです
天空かぼちゃはご存知の方もいるかもしれません
かぼちゃの場合は葉が大き過ぎ風通しが悪くなってしまう恐れがあるため
適度に葉が小さいスイカで、しかもスイカでもネットに負荷がかかり過ぎない「小玉スイカ」を植えました
知恵を活かし、様々な工夫をして栽培していますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました