土壌改良

フルーチェ百姓日誌

今日はショウガ畑に土壌改良材を撒きました
土壌改良材とは、耕作に適した土にするために
土壌に施して土の性質を変えるはたらきを持つ資材ことを言います。
肥料、堆肥そして土壌改良材の異なる点は、肥料が作物に栄養を与えることを目的としていることに対し、堆肥は落ち葉や枝などの植物由来の有機物や、牛や豚の糞など動物由来の有機物が微生物によって分解・発酵されたものです。
堆肥中の微生物の働きによって土が作物の育成に適した団粒構造になり、植物が病気になりにくい土壌に改善することが可能です。土壌改良材は栄養だけでなく土の通気性や保水性を改善し、微生物を増やして土壌そのものを豊かにすることが目的です。
土壌診断という畑の健康診断をして、畑のごと作物に必要な肥料やミネラルを補充します。

こんなに多くの種類の土壌改良材を畑に撒きました
土を良くするにはとてもお金がかかります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マルチスプレッダという肥料などを巻く機械で
畑全体に撒きました

コメント

タイトルとURLをコピーしました