土佐漆喰

フルーチェ百姓日誌

土間や壁に塗る土佐漆喰を作るためのわらを切る作業をしました
土佐漆喰はワラスサを発酵させることで、そこで分泌される糖類が「のり」の役割を果たし、
のりを入れなくても保水性・作業性があり左官材料として使用できます。
「のり」を入れないので、一般的な漆喰よりも水に対して強いという特徴が出ます。

稲わらをわら切り機で細かく切って貯水タンクに入れていきます

どのくらい使うかわからないのでとにかくわらを切ってタンクに入れていきます

ある程度わらを切ってタンクに入れたら水を入れていきます

その作業を繰り返していきます

蓋をして発酵させます
3が月くらいかかるそうです

コメント

タイトルとURLをコピーしました