乾燥

フルーチェ百姓日誌

梅雨があけ、高温が続いています
多くのキュウリの苗が枯れました

キュウリ栽培をする場合、カボチャの台木用の苗にキュウリの苗を挿し木して
接ぎ木苗を使用しますが
今回は自根苗といって種をまき、それをポットで育てて定植しました
キュウリは根を浅く張るため、乾燥には弱いのです
そのため乾燥に強いカボチャを台木にします

しかし、こちらのキュウリは枯れていません
このキュウリたちは最も早く定植した苗です
見てわかるように苗の両側に大豆の苗が植わっています
コンパニオンプランツといいますが
大豆を植えることにより
大豆は根を深くまで伸ばすので地中の水分を吸い上げているのかもしれません
また、大豆の根のおかげでキュウリの根の乾燥を防いでくれているのかもしれません
マルチを大豆で覆うことにより、マルチの地温を下げ、キュウリの根を守っているのかもしれません
理由がわかりませんが、今後はこのようにすれば、乾燥期のキュウリを保護できるかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました