ロケットストーブ16

フルーチェ百姓日誌

foresters’livingの拠点の古民家の一部をカフェにする予定です
そこにロケットストーブを作成します
その材料を揃えました

焚口である燃焼口は古くて使わなくなった薪ストーブを再利用します

雨ざらしで置いてあったため、錆がひどいのでなるたけ錆を落とします

アウターシェルと呼ばれる外側は利用されなくなったドラム缶を使用します

ヒートライザーと呼ばれつ炉の部分はペール缶、50Lドラム缶、200Lドラム缶を使用しますどれも再利用するものです
バーントンネルと呼ばれる燃焼室は珪藻土レンガを使用します

土台に大谷石を置きます

とりあえず、イメージをつかむため焚口を置いてみます
どんなものができるか楽しみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました