リノベーション41

フルーチェ百姓日誌

foresters’livingの拠点の古民家をリノベーションしています
トイレの床板を貼る作業をしました

森林で整備してそこから搬出される木材をチェンソーで製材し板にしたものを表裏をかんな掛けして
片側を直角を出し、反対側をバンドソーで製材して幅を同じにします

きれいにした板は両側を実加工して板を貼っていきます

途中トイレの下水管などがあるときは穴を開けていきます

一枚一枚違う大きさの板を全て手作業できれいな板にして張り合わせていく根気のいる作業をし
板を貼っていきます

貼った板はさねの部分から根太に部素手とめていきます
その時、貼った板に体重を乗せて板のそりを直しながらとめていきます

柱の部分は板に印を付け、のこぎりとのみを使って柱の大きさの穴にしていきます

空ける穴の寸法を間違えてしまいました
そういう時はやり直しです

今度は上がり框など段差がある板をつくるときはバンドソーなどを使って
板を切り貼っていきます

一枚一枚厚い無垢の板を貼っていくため、非常に時間はかかりますが
とてもいい仕上がりになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました