リノベーション35

フルーチェ百姓日誌

お知り合いの古民家をリノベーションするお手伝いをしています
勝手口からトイレ浴室へとつながる通路と簡易的な調理場のための床をつくっています

トイレになるところの古いベニヤ板を剥がしていきます

剥がしたら、試しに便座を置いてみます

今度はトイレの板を製材していきます
使用する板は、森林を整備してそこから搬出される木材をチェンソーで製材して板にしたものです
板の耳の部分を丸鋸で切っていきます

切ったら、床材の厚さになるようにかんなをかけていきます

表面、裏面の厚さを揃えたら耳を取った部分の直角を出していきます

さらに板が同じ大きさになるようにバンドソーで仕上げていきます

先ほど、取ったベニヤ板の代わりにチェンソーで製材した板を貼るための胴縁をビスでとめていきます

その上から防湿シートを張っていきます

トイレの水道用の架橋ホースと下水管の塩ビ管を設置します

調理知るためのシンクを置くための下水管と水道用の架橋ホースも設置しました

今日はここまでできました

コメント

タイトルとURLをコピーしました