リノベーション31

フルーチェ百姓日誌

foresters’livingの拠点の古民家をリノベーションしています
勝手口を作る作業をしました

先日チェンソーで製材した大引を設置しました。その上に柱を立てようとしましたがその上の梁が腐っていたため取りはずしました

これもチェンソーで製材したもので新しく梁にします
まず、ある程度の寸法に柱を切り落とし、取り外した部分に合うようにしるしをつけます

印を付けたところで切っていきます

新しい梁に合うように受け口もノミできざんでいきます

合わせてはきざみを繰り返し、ぴったりに合ったらビスで打ち付けていきます

梁と母屋に少し間が空いてしまったので隙間を木を差し込みビスでとめます

梁を設置した後にチェンソーで製材した柱を立てるために寸法を測ります

寸法を測ったら柱を大引にあけたほぞ穴に合わせほぞを作っていきます

ほぞを作り梁にも柱が合うように溝を刻んで柱を合わせます

設置したら、垂直になっているか確認します

垂直を確認してビスでとめていきます


梁と柱の設置が完了しました

コメント

タイトルとURLをコピーしました