リノベーション29

フルーチェ百姓日誌

foresterslivingの拠点の古民家をリノベーションしています
勝手口を作る準備をしました

先日チェンソー製材した根太引きにはしらを立てるためにほぞ穴をあけるため、さしがねで印をつけていきます

印をつけたら、ほど穴を機械を使って開けていきます

簡単にほぞ穴が開きました

今度はチェンソーで製材した柱をかんなをかけ、直角を出していきます

直角が出たら更にかんな盤でかんなをかけ、正確な寸法にしていきます

きれいな柱ができました

今度は縦に通す大引を入れていきます。大引がずれないようにほぞ穴を四角ではなく台形にほぞにして入れました

つぎは床束を入れていきます。本来、継ぎ目に入れていきますが、ちょうど井戸があるために井戸の蓋のわきに三本入れました

その上に根太を入れて、あとは床を張るだけです

コメント

タイトルとURLをコピーしました