ヨトウムシ

フルーチェ百姓日誌

家庭菜園は有機栽培しています
有機栽培(有機農業)とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。
それに対し、無農薬栽培というのもあります
無農薬栽培とは、その名の通り、生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法を指します。
しかし、 実際には土壌に農薬が残っていたり、他の畑から飛散してくることも考えられます。農産物に全く農薬を含まないことを示す厳格な基準やそれを認定する機関がないため、誤解を招くことがないように、現在は「無農薬」と表示することが禁止されています。
有機栽培では、化学的に合成された農薬を使用することは禁止されていますが、すべての農薬が禁止されているわけではありません。
それらの農薬としては、除虫菊乳剤およびピレトリン乳剤(除虫菊から抽出したもので、ピペロニルブトキシド)を含まないもの、マシン油乳剤、硫黄粉剤、硫酸銅・生石灰(ボルドー剤調製用)などや、天敵や微生物などを用いた生物農薬、性フェロモン剤などがあります(有機JAS規格の別表2)。

害虫対策に防虫ネットをしています
しかし、白菜がヨトウムシに食べつくされそうです
どうも、防虫ネットをする前にヨトウムシがいたようです
農薬は使いたくないので、様子を見ています
天敵昆虫のクモはネットの隙間から入ってきて害虫を食べてくれているらしく
今のところハクサイ以外、被害はありません
ヨトウムシの天敵はカメムシらしいですが、防虫ネットをしているため
入ってくることは出来ません。
このまま、白菜を餌にして、ヨトウムシの被害が他の作物に影響がなければ
ハクサイを犠牲にするもの一つの考え方です
でも、せっかく作ったハクサイ食べたいです
被害が広がるようなら「BT剤」というバチルス・チューリンゲンシス(BT)という細胞を利用した殺虫剤の使用を考えています
BT剤とは、天敵微生物を利用した生物農薬(殺虫剤)の一種です
BT菌は、昆虫病原性細菌/バチルス チューリンゲンシス(BT)という微生物の総称です。BT菌は芽胞形成時、菌体内に結晶性の殺虫タンパク質を作り、食毒性を持っています。
BT菌の殺虫性たん白はアルカリ性の消化液で溶解、さらにたん白分解酵素で分解され、殺虫効果が発現します。
対象害虫が摂食で生芽胞及び結晶性殺虫タンパク質を体内に取り込むと、消化管内のアルカリ条件とタンパク質分解酵素の働きで、毒素が活性化します。取り込まれた殺虫タンパク質は、やがて消化管の特定部位に結合し、細胞を破壊します。細胞破壊により体液が消化管内に流入することで腹下りを起こし、摂食を止めて、最終的には生芽胞から発芽したBT菌が体内で増殖し、死亡してしまいます。
一方、哺乳類では消化管中でのたん白の消化分解メカニズムが異なりますし、哺乳類では殺虫性たん白作用点が存在しないと考えられていること及び各種安全性試験の結果、人を含めた哺乳類への安全性が高いことが確認されています。
天敵昆虫や授分昆虫は、鱗翅目の幼虫の摂食行動とは異なり、葉を食べるのではなく吸汁や摂食性のため殺虫性たん白を消化管に取り組むことは極めて稀であり消化管に入った場合でも活性化されない場合や分解がさらに進んで解毒されてしまう場合が多いなどBT剤による悪影響は認められません。
BT菌には40種類以上の系統があり、そのほとんどが自然界から見つけられたものです。
当然、「有機」表示のできる農薬です
無農薬で栽培したいですが
ハクサイをヨトウムシにすべて食べさせる栽培は農業を行う上で
持続可能ではありません
しばらく様子を見ます

コメント

タイトルとURLをコピーしました