フォレスターズLabo

フルーチェ百姓日誌

forester’livingでは、林業が気軽にでき、裏山の木を切って活用したい人のための
「フォレスターズLabo」を開講しました
第1回目は自分に合ったチェンソーの選び方と手工具の使い方の内容を行いました

まず挨拶をしてから、受講者の皆さんがどのようなフィールドで活動したいのかお聞きしてそれにはどのような機械が必要になってくるのかを説明しました

実際に、20、30,40,50,70ccのチェンソーをお見せして
自分に合ったチェンソーの選び方を説明しました

まず基本的なチェンソーの構造と取り扱い方を説明しました

チェンソーに入れる混合ガソリンを作るときの2サイクルオイルの種類や作るときの注意点を説明しました

チェンソーの始動するときの注意点や基本的な指導の仕方を実際に体験したいただきました

それぞれの排気量のチェンソーすべての試し切りをして、自分がこれから使っていくチェンソーを選ぶ時の参考にしていただきました

午後からは手工具の取り扱い方を説明しました

用途によって鉈や手鋸の種類の違いや使い方が違うことを説明しました

山の中に入って基本的な鉈と手鋸の安全な安全な使い方を説明しました

受講生の皆さんに実際に体験したいただき、安全に手鋸と鉈が使えるよう練習していただきました

今度は木の枝打ちの仕方を説明しました。木に登るときの安全帯の装着の仕方とはしごの設置の仕方を説明しました

安全帯を装着していただき、木の枝を手鋸を使用して切ってみる体験をしていただきました

そのあと基本的な鉈の研ぎ方について説明しました

砥石の種類や研ぎ方の基本を説明した後に実際に体験したいただきました

手鋸の目立ての仕方も説明しました

やすりのかけ方や注意点を説明した後、実際に体験していただきました

今度は鉈の刃がひどくかけてしまった場合の修復方法としてグラインダーを使って直すやり方を説明しました

実際に刃に焼き入れが入らないようにグラインダーをかけていただきました

ある程度グラインダーをかけたら、砥石を使って仕上げていきます

どの程度切れ味が戻ったか確認しながら研いでいきました

時間の関係で研ぎきれませんでしたが、使用可能な状態に戻すことができました
こんな感じでフォレスターズLaboがスタートしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました