ビニール剥がし

フルーチェ百姓日誌

とうもろこしの苗を大きくするためにビニール栽培していた畑で
苗が大きくなっって、ビニールに付きそうになったため、ビニールを剥がす作業をしました

まず、ビニールを止めてあるマイカ線を外すます
マイカ線は画像に写っている金具で止めてあります
マイカ線を外したらビニールの止めてあった両端の土を剥がしながらビニールをトンネル支柱からよけていきます
よけたら、画像ように折りたたんでいきます
風があるとビニールが画像のように飛ばされて
これがビニールを畳むのに非常に厄介です
農家さんによってはこの作業を一人で行わなければならず、
100メートルもある一般に「ユーラック」と呼ばれるビニールを一人で畳むのは風との戦いです
普段は風のないときに行いますが、風のない時を待ってはいられない時もあります
そんな時の工夫もあるようです

画像のようにトンネルの畝の前に軽トラックを止めて風上に立ち
ビニールを引っ張りながら軽トラックの荷台上でコロコロ転がしながら巻き取ります
割合すんなり巻けていきます
巻けたところで紐で縛って完了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました