バターナッツ

フルーチェ百姓日誌

バターナッツをいうかぼちゃの種を蒔きました
バターナッツは南アメリカ大陸が原産とされるもので、アメリカではポピュラーなカボチャのひとつです。
名前の由来は、バターのように滑らかで、ナッツのように甘いことから名をつけたそうです
海外から入ってきた品種ではありますが西洋カボチャの仲間ではなく、植物分類上は日本カボチャと同じ仲間になるそうです。
果皮は黄褐色から肌色でツヤがありつるつるしています。形は縦長のヒョウタン形で、下の膨らんだ部分に種が入っています。大きさは500g程から1kgほどでそれほど大きくはなりません。
有機栽培や自然栽培などでも作りやすい品種だそうです
ナス栽培の隣にバターナッツを栽培するため種を蒔きました

ひと袋で約100粒の種が入っていました

コメント

タイトルとURLをコピーしました