トマトの出荷

フルーチェ百姓日誌

毎日トマトの出荷をしています
ハウス栽培の出荷もピークが過ぎました

出荷基準表に準じておよそ4kgずつに箱づめします

ピークの時は箱が200個近くできました

そして、出荷場に運ばれ、
トマト農家さん全員のものをサイズ別に集めて
城里ブランドとして市場に出荷していきます
市場出荷の難しいところは
皆さんが多く出荷できれば
需要と供給の関係で値段が安くなってしまいます
沢山出荷できたとしても値段が安くなると
箱代や出荷手数料などは変わないので
出せば出すほど赤字になる場合があります

最近は天候不順で出荷基準に合わないものが多くなり
市場に出荷するものが少なりました

出荷基準で価格の安いものは直売所に卸します
形が悪いだけで味は何ら変わりません
直売すれば市場の価格と同じか、それ以上の価格で販売できます
自分で値段が決められるので赤字になることはありません
しかし、売れ残れば廃棄処分しなければいけません

直売所にも持って行けないものもこんなにあります
これらはひびが入ったもの、見た目が悪いもの、色が変なもの熟し過ぎたものなどですが
味は全く問題ありません
むしろすぐ食べれば食べごろですし、調理に使えば何ら問題はありません
これらは毎日廃棄処分します
もったいないですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました