チェーンソーミル4(Totty’s)

dry blooming wildflowers under bright sunlighttotty's

森林で伐採した丸太をチェーンソーミルで製材しています
テーブルの天板にする材料を製材しました

まず、製材する丸太を安定した足場の良い場所に置きます

丸太の皮むきをしていきます
皮が付いたままでも製材できますが
集材するとき伐倒した木を地面を引きずって移動させるため、どうしても土や石がついてしまいます
土や石を切るとチェンソーの刃が傷んでしまい切れなくなって
製材するのに時間も燃料も体力も余計に消費します
皮をむく手間はかかりますがしたほうが結局、得なようなので手間を惜しまずやることにしました
皮むき専用のへらで皮をむいていくと木と樹皮の間を虫が這いまわった後があります
白太の部分まで虫の後はありますが赤身の部分まで虫の被害がありません
テーブルには赤身の芯部分を使うので全く問題はありません

皮がむけたら、チェーンソーミルで製材していきます
今回は仕上げが5センチなのでかんな掛けなどで歩留まりするので6センチに設定して製材しました

平らに引けているようです
数ミリの狂いはありますが、かんな掛けなどで修正し1センチ削らないといけないので全く問題ありません

天板の幅にするには貼り合わせればいけないので必要な枚数を製材し完了です
かんな掛けしたらどんな木目になるか楽しみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました