チェンソーミル10

フルーチェ百姓日誌

森林整備をしてそこから搬出した丸太をチェンソーミルで板に製材しました

いたの両端を切り取り同じ大きなになるよう柱を製材するチェンソーミルでさらに製材しました

板を何枚か重ね、切りたい寸法を測り、定規を置いてビスで止めます

チェンソーミルで製材したら、反対側も同じように製材していきます

同じ大きさの板ができました

電動かんなで仕上げます

仕上げたものを短く切っていきます

これらを使って木工品にしていきます

山から伐採した杉の丸太を自分たちだけで製材し、加工して商品にしていく
林業の6次産業化を目指します

コメント

タイトルとURLをコピーしました