ダイコン掘り起し

フルーチェ百姓日誌
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はまず、この秋収穫し、土の中に貯蔵していた
紅しぐれダイコンを出荷のために掘り起しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
LYMPUS DIGITAL CAMERA

掘り起す前です。ダイコンの雨などが染みないようビニールをかけ
また、冬場に凍結しないような深さまで土をかぶせておいたものを
必要に応じて必要な分を出荷のために掘り起します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じように紅芯ダイコンも掘り起しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

分かりにくいですが双方内側が赤いダイコンです
有機栽培のの場合、慣行栽培に比べ野菜自身の成長に左右されるため
どうしても慣行栽培よりも大きさ・形に個性が出ます
規格に合った大きさや重さになりません
よく言えば個性豊かですね
しかも収量が慣行栽培よりも少ないです
そのため、卸市場に出しても高い値が付きにくいです
そのため、卸市場にない作物を栽培し、
直接お客様に販売するのが良いようです
差別化と呼ばれているようです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのあとは農家なら避けて通ることは出来ない草むしりをしました
草刈り機で刈れないハウスの際を手で草をむしっていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何も考えずただひたすらむしります
気が付くとハウスの端までできました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アスパラガスの根の状態を確認するため
掘ってみて根の状態を確認しました。
アスパラガスの根がよく伸びています
こうやってアスパラガスの健康状態をチェックしていました

コメント

タイトルとURLをコピーしました