ソーダストストーブ2

フルーチェ百姓日誌

木工所などで出るおがくずを燃料にするソーダストストーブを見せていただきました
燃料にするおがくずを入れるのにはペール缶を使用します
使用する前にペール缶の底に空気が通るように穴をあけます

そしておがくずを空気穴をふさがないようにしっかりと詰め込みます

おがくずを詰め込んだペール缶をストーブに中に設置し、下から火をつけます

このように中心の空気穴からおがくずが燃えていきます
一度にたくさんのおがくずが入れられ、長い間燃え続くとても優秀なストーブです

先日作ったロケットストーブの試作品はおがくずを燃料に考えましたが、ソーダストストーブの登場により普通の薪を使用するストーブにすることにしました

普通の薪でも当然よく燃えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました