ソルゴーの刈り取り

フルーチェ百姓日誌

家庭菜園の畝の隣にまいたソルゴーの刈り取りをしました
ソルゴーはバンカープランツとして撒きました
バンカープランツとは、農作物を育てる際に発生する害虫の天敵(その害虫を食べてくれる虫)を引き寄せる植物のことです。
「バンカープランツ」の「バンカー」とは、「銀行家(Banker)」で、天敵を”バンカー”プランツに預けておいて必要な時にその効果を引き出す(=害虫を食べてもらう)という意味です。
作物の収穫もほぼ終わりのため、刈り取ります

穂に種のついているものは試しに種取りをしてみました

とった穂はしばらく乾燥させます

刈り取ったものは畑の隅にまとめておき、
来年、有機物マルチとして再利用します

すっきりしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました