クリーンシーダ

フルーチェ百姓日誌

ハト麦の種まきをしました

トラクタにつけるアタッチメントで麦や大豆を撒く機械です
シーダに種と肥料を入れるとトラクターが進むと同時に播種されます

今回とても興味深かったのがお手製の「マーカー」です
マーカーとはトラクターで種まきをするとき、真っすぐ進むための目印ですが
農家さんはトラクターの大きさを考慮して次にシーダが通るところに
目印をしながら、播種していきます
向こうについたら、Uターンして、マーカーを基準として、折り返してきます
そうすることで、規則正しく種がまかれていきます
市販されたものもありますが、
自分で工夫して作ることでより、自分にあった作業ができるのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました