カマキリ2

フルーチェ百姓日誌

有機栽培で家庭菜園をしていて防虫ネットをしているのに
ハクサイやダイコンの葉が害虫に食べられ
穴だらけです

全滅を防ぐためには防除剤を使わなくてはいけません
今検討しているのは有機JAS規格で使用可能なBT剤の使用を考えています
有機JAS規格とは、国が一定の規格(JAS規格)を定め、それに適合した商品に「JASマーク」を表示できる、という法律です。このなかで有機農産物などに対するJAS規格を「有機JAS規格」と呼んでいます。
有機農産物のJAS規格には、有機栽培の方法についての基準が書かれています。
「有機野菜」「有機農産物」等と表示するためには、
・種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・使用する肥料や農薬は天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもののみ
・ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
・遺伝子組換えの種を使わないこと
・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと
などの条件を満たすよう、JAS法で厳密に定義されています。
この法律のおいて、「有機農産物」とは「化学的に合成された肥料及び農薬の使用」を避けたものを基本とする、定義されています。
有機農産物JAS規格では、天然物や、天然物由来の一部の農薬に限り、使用することが許されています。
使用して良いとされる農薬は、【有機JAS規格 別表2】に書かれています。除虫菊から抽出した天然の殺虫剤や、害虫の天敵生物、生石灰や食酢など、私たちの生活の中にある身近な資材の名前も見つかります。
なるたけ農薬は使用したくないですが、作物を全滅させるのは持続可能な農業ではありません

いよいよBT剤を散布しようとしましたが
先日防虫ネットに害虫を食べてもらおうと捕まえて入れたカマキリが出てきました
BT剤を散布した場合、BT菌は芽胞形成時に菌体の中に結晶性の殺虫性たん白を作ります。鱗翅目(チョウ・ガの仲間)害虫の幼虫がこの殺虫性たん白質を食下すると、アルカリ性の消化液で溶解され、さらにたん白分解酵素により殺虫力を示すたん白にまで分解され活性化されます。殺虫機作は次のように考えられています。先ず、活性化たん白が消化管(中腸)に存在する特定の結合部位に結合します。次いで結合した部位の細胞が破壊され、虫はマヒ状態になります。さらにその傷から、消化管内で芽胞から発芽したBT菌が体腔の中へ侵入感染し、虫は死亡します。
天敵や授分昆虫は、鱗翅目の幼虫の摂食行動とは異なり、葉を食べるのではなく吸汁や摂食性のため殺虫性たん白を消化管に取り組むことは極めて稀であり消化管に入った場合でも活性化されない場合や分解がさらに進んで解毒されてしまう場合が多いなどBT剤による悪影響は認められません。
農薬をまいてもカマキリには影響はないようです
しかし、害虫がいなくなると益虫の餌がなくなるので
「農薬をまかないでくれ」といわれたようなので
もう少し、カマキリの活躍を見守りたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました