わき芽かき

フルーチェ百姓日誌

今日はハウス栽培をしている
トマトのわき芽かきをおこないました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脇芽取りとは、葉の付け根からでるわき芽を摘みとることいいます。
わき芽かきともいい、特に大玉トマトや中玉トマトの栽培では養分を実に集中させ、大きな実を生らせるために欠かせない作業です
わき芽をとらずに放置すると葉や枝が混みあうので
日当たりや風通しが悪くなって病害虫の被害を受けやすくなります。
画像の中央にトマトの花が咲いています
花が付いている茎を芯とよび、芯から分かれて生える枝のことです。
奥に芯より大きくなっている枝がありますが
わき芽かきをしないと芯より大きくなってしまいます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


わき芽が大きければすぐにわかりますが
小さい場合はなれないとよくわかりません
芯をかいてしまうとトマトの成長が止まってしまう恐れがありますので、間違っても芯をかいてはいけません
慎重に作業をしたこともありますが
わき芽かきの作業時間が農家さんの1.5倍かかりました。流石です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました