はぎ板

white daisy flowers in bloomフルーチェ百姓日誌

はぎ板とは、板の側面同士を接合させた無垢材のことを指します
はぎ板にする材料の板の製材をしました

製材する場所は森の入り口です
伐採した木を一年自然乾燥させ玉切り、その場でチェンソーで製材します
作業するため、草を刈ります

草を刈るとだいぶ前に製材しかけた丸太が見えてきました

まずはこれらをチェンソーで板にしていきます

その前に水分計で丸太の水分を測ってみます
大分水分を含んでいます

チェンソーにチェンソーミルというアタッチメントを付け、製材していきます

今回2.4cmの厚さのはぎ板に仕上げるため、3センチの厚さに製材していきます

3cmの厚さに平らに製材することができました

さらに製材していきます

製材したものは軽トラに積んでいきます

今度は玉切りした丸太を製材していきます
動かすのが大変なのでこの場で製材していきます

両端を水平が出るようにアタッチメントを取り付けます

アタッチメントが水平に取り付けてあることを確認します

製材していきます

一枚目が製材できました

水分計で水分を測ってみます
大分水分を含んでいます

2枚目を製材していきます

2枚目を製材すると少し反っているようです

1枚目はそれほど反っていないので、水分が多いせいかもしれません

木が動かせるようになったので台に乗せて製材していきます

木の中心を挽くと反りがなくなりました

今日の分は製材できたので板を軽トラに積み込みます

倉庫に入れ、乾燥させます

コメント

タイトルとURLをコピーしました