きゅうりの基本

きゅうりは一本から100本収穫できるよう栽培します
栽培するには当然きゅうりの生態を知らなければいけません
きゅうりの故郷はヒマラヤ山脈の南麗で比較的温暖でカラッとした気候を好みます水が大好きで土の乾燥を嫌いますが
過湿は根腐れを起こすので、水はけの良い畝を用意します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きゅうりは親つる、子つる、孫つる、ひ孫つると言って
どんどんつるが分かれていきます
節ごとにひとつずつきゅうりがなります
節ごとにきゅうりをならせますが、すべてならすと
栄養が行き渡らず実が大きくなりません
実を大きくするために子つるから伸びた2節目の芽をかいて調整します

子つるの2節目をかいてみました
かきましたが、またまごつるが出てきますので
どんどん芽をかかなけれないけません
そうすることで品質の高いきゅうりができるのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました